格安ホームページ作成サービス 【埼玉県】入間市・狭山市・所沢市・飯能市・日高市・限定 【会員専用ページ】
HOME ホームページは? ビジネスチャンス ホームページの作成 ショッピングカート
 
 ホームページとは?          
 
インターネットなら、遠方にいても対応できます。
インターネットは、365日、24時間、休まず営業!
インターネット利用者の二極分化
インターネットは、365日、24時間、休まず営業!
昨今、24時間営業するとなると、コンビニなどでもそうですが、3交代、4交代のローテンションを確実に実行する必要があります。常に営業していることの便利さを維持するためには、24時間営業が基本になっているからです。それは、消費者が必要とするときに手に入れられる満足と便利さです。
24時間営業、そして商品管理の徹底などを考えれば、個人で営んでいる小売店がコンビニなどに勝てる要素が見つかりません。で、顧客の確保ができなければ、従業員を雇うことが難しく、24時間営業などは、とても思考の範疇にはありません。家族経営では、営業時間数を減らし、営業日数も減らし、さらにはシャッターを降ろすことが多くなります。そして、そのシャッターは、降ろしっぱなしになってしまいます。
すでに常識になっていますが、インターネットは、365日、24時間休まず営業しています。コンビニが24時間営業で頑張っているのであれば、インターネットを活用すればいいのです。インターネットであれば、従業員のローテーションを気にすることはありません。お店を開店している光熱費なども必要ありません。インターネットであれば、24時間常に営業をしてくれています。
インターネットにおける24時時間営業は、商売のやり方によって方法はいろいろあります。うまく組み合わせればコンビニなどよりもはるかに合理的で効果的な商売も可能になります。
<130730>
 
インターネットなら、遠方にいても対応できます。
インターネットは、365日、24時間稼動していますが、さらに大きな利点があります。それは、遠方に居ながらにして対応できることです。
私は、あるとき、1週間ほどの旅行をしていました。
ホテルの部屋で寛いでいるとき、携帯電話が鳴りました。お客様から仕事の相談です。携帯電話ですから、旅行先でも受けることができます。時間的に余裕がある旅行でしたので、時間をかけて相談に応じることができました。
見積もりは、旅行が終わってからの対応になりますが、旅行中に2件のお見積りの依頼をお受けし、その2件が受注でき、旅行費用の2倍ほどの収入を得ることができました。このことは、私が実際に体験したことです。
お客様と対面することはできませんが、インターネットであれば、遠方でもお客様からの相談をお受けすることができます。インターネットをうまく利用すれば、遠方に居ながらにして商売ができるのです。
<130730>
このページのTOPに戻る

 お知らせ(1)
 
 お知らせ(2)
 
インターネット利用者の二極分化
昨今、情報発信者と情報受信者が明確になりつつあります。その証拠に、パソコンの販売台数が急激に落ち込み、スマホやタブレットの販売は依然と好調です。情報の発信者は徐々に減り、確実に情報受信者として固定化されています。
基本的にスマホやタブレット使用者は、情報をさがし、情報を活用することに重点を置いているため、パソコンの必要性が高くありません。一方、情報発信する側の人は、パソコンが必要なアイテムになっています。
少し荒っぽい分類ですが、スマホやタブレットの愛用者は消費者であり、パソコンの利用者は、情報の発信者であり、多くは商売人です。
で、スマホやタブレットなどで情報をさがす消費者が増えているのですから、商売人としては情報の発信の価値がさらに高まっていることになります。
<130730>
埼玉5都市物語
このページのTOPに戻る